TheMostImportantDecisionWixBlogEnglish.g

一番大事な選択:この世界は優しいところか憎しみに溢れたところか?

Updated: Jul 12

アインシュタインのすごいところは、偉大な物理学だっただけでなく、人生の真理を知っている偉大な哲学者だったことです。そのアインシュタインが残した名言の一つにこんな言葉があります。

 

“The most important decision we make is whether we believe we live in a friendly or hostile universe.”

 

訳すとこんな感じです。

 

「一番大事な選択は、私たちが生きている世界は優しい所と信じるか憎しみに溢れた所と信じるか」

 

この世界は優しいところだと思えば、あなたの人生には素敵なことがたくさん起こるはずです。この世界は憎しみに溢れた意地悪なところと思えば、あなたの人生にはそのようなことがたくさん起こってしまいます。

 

全く同じことが起きても良いことにフォーカスするか、悪いことにフォーカスするかで見える世界は180度変わります。良いことにフォーカスすれば、どんどん良いことが起こります。悪いことにフォーカスすれば、どんどん悪いことが起こります。

 

それは迷信でもなんでもなく、簡単な実験で科学的に証明することができます。

 

「今あなたがいる部屋を見回してみてください。そして赤色のものがどこにあるか、どんな形かをしっかり覚えてくださいね。そして目をつぶってください。」と言われてその通りにします。そして目をつぶっている時に、「では、あなたの部屋にある青色のものはどこにあって、どんな形ですか?」と聞かれると、大抵の人は何も覚えていないのです。なぜなら、赤いものにフォーカスしていたからです。

 

わかりますか?赤いものが悪いことで青いものが良いことだとしたら。この世の中は意地悪で憎しみに溢れた所だと信じて、その証拠ばかり探せばいくらでも見つかります。そしてそればかり探しているので、良いことは全く目に入らなくなってしまうのです。

 

その逆も同じです。赤いものが良いことだとしたら、あなたが意識的に世の中で起こっているうれしいこと、楽しいこと、素敵なことばかりに注目していたら、それらがたくさん見つかるはずです。そしてこのようなポジティブなことにフォーカスしているので、ネガティブなことはほとんど目に入らないはずです。

 

地球上の全ての人が自分の身の回りのポジティブなことだけにフォーカスしたならば、この世界は楽園になると思いませんか?